スポンサードリンク

マホロバマインズ三浦でリゾートホテル宿泊を満喫してきました


神奈川県三浦市へ行きマホロバマインズ三浦に宿泊して
のんびりとしたリゾートホテルの雰囲気を満喫してきました。
マホロバマインズ三浦は京浜急行三浦海岸駅から徒歩約15分。
駅前から送迎バスも定期運航していますので、今回の宿泊は、
その送迎バスでチェックインする事といたします。



三浦海岸駅の改札正面にホテル・マホロバマインズの看板があり
その方向に進むとロータリーがあります。
三浦海岸駅からホテルまでの所要時間は約5分ほどです。
(時刻表は2015年7月宿泊時のもの)

京浜急行三浦海岸駅改札前.JPG 京浜急行三浦海岸駅前ロータリー.JPG

ロータリーに面した京急ストア前に送迎バスの乗り場があります。
平日は15分間隔、土日祭日の休日は10分間隔で運行していて便利。

マホロバマインズ三浦送迎バス乗り場.JPG マホロバマインズ三浦送迎バス時刻表.JPG

ホテル・マホロバマインズ三浦は、東京湾を一望するロケーションに
癒しのオーシャンリゾートホテルとして立地しています。
客室は全室オーシャンビューという景色の良さが自慢のホテルで、
三浦の豊かな海の幸を使用したシーフード料理を楽しめますよ。

マホロバマインズ三浦ホテル外観.JPG マホロバマインズ三浦ホテル入口.JPG
 ⇒ マホロバ・マインズ三浦ホテルの詳細、ご予約はこちらから♪

マホロバマインズ三浦ホテルのロビーは開放的な空間で、
お土産物屋さんもお菓子は勿論、海産物から農産物まで豊富な品揃え。
地元三浦産の豊かな自然の恵みを地方発送も可能です。
三浦というとマグロに代表される三崎港の海の幸が有名ですが、
実は関東有数の野菜の産地でもあり、美味しい野菜の名産地なのです。

マホロバマインズ三浦ホテルエントランス1.JPG マホロバマインズ三浦ホテルエントランス2.JPG

マホロバマインズ三浦ホテルロビー.JPG マホロバマインズ三浦ロビーお土産物屋.JPG

マホロバマインズ三浦ホテルの客室フロアーは吹き抜けのスタイルで、
客室ドアは個別の玄関のようになっている独特の造りです。
オーシャンリゾートホテルらしいと言ってみればその通りなのですが、
聞くところによると元々はリゾートマンションとして建築された物件を
オーシャンリゾートホテルに転用したのが開発経緯なのだそうです。

マホロバマインズ三浦ホテル客室フロアーEVホール.JPG マホロバマインズ三浦ホテルの客室入口.JPG

そのような訳で、客室ドアもマンションのようなシリンダー錠です。

マホロバマインズ三浦ホテル客室ドア1.JPG マホロバマインズ三浦ホテル客室ドア2.JPG

客室ドアを開けるとマンションの玄関の造りのままになっており、
ここで靴を脱いで客室内に入るようになっています。
客室内の造りはリゾートマンションのままなので、ホテルというよりは
旅館のような客室内の造りといった方が良いかもしれませんね。

マホロバマインズ三浦ホテル客室玄関.JPG マホロバマインズ三浦ホテル客室入口.JPG

元々はマンションとして建設された日常生活としての居住空間なのと、
三浦という立地上、専有面積にも余裕のある間取りとなっているので、
風呂とトイレは別々に独立しており、洗面台のドレッサーも別スペース。
勿論、トイレ便座はウォシュレットタイプのシャワートイレです。
バスタブも洗い場も広々としていて家族での入浴も楽々です。
最も、ホテル内には三浦半島の地下から湧き出る天然温泉のスパがあり、
夜は星空も楽しめる露天風呂もあるので、そちらも是非ご利用ください。

マホロバマインズ三浦ホテル客室内ドレッサー.JPG マホロバマインズ三浦ホテル客室内バスルーム.JPG

マホロバマインズ三浦ホテル客室内洗面台.JPG マホロバマインズ三浦ホテル客室内トイレ便座.JPG

客室の間取りは和洋1室ずつの2LDK(又は和洋洋3DK)仕様となっており、
リビングは海に面していてベランダからオーシャンビューが楽しめます。

マホロバマインズ三浦ホテル客室リビング1.JPG マホロバマインズ三浦ホテル客室リビング2.JPG

マホロバマインズ三浦ホテル客室オーシャンビュー1.JPG マホロバマインズ三浦ホテル客室オーシャンビュー2.JPG

リビング玄関側にはドアで仕切れるキッチンルームがありますので、
洋室2室と和室1室の3DKルームと言う事もできるでしょう。
IHヒーターのフルキッチンシステムが完備されていますので、
家族連れでの長期滞在も快適にお過ごしいただけます。

マホロバマインズ三浦ホテル客室リビング3.JPG マホロバマインズ三浦ホテル客室キッチン.JPG

リビングに面して襖で仕切られた6帖間の和室があります。

マホロバマインズ三浦ホテル客室リビング4.JPG マホロバマインズ三浦ホテル客室和室.JPG

和室の並びの玄関側には広めの洋室にはシングルベッドが2台あり、
マホロバマインズ三浦ホテルの客室はツインルーム仕様となっておりました。

マホロバマインズ三浦ホテル客室ベッドルーム2.JPG マホロバマインズ三浦ホテル客室ベッドルーム1.JPG

三浦半島の豊かな自然と天然温泉をゆったりと楽しむ事ができる、
まるでオーシャンリゾートマンションのような快適なリゾートホテル
マホロバマインズ三浦ホテルへ是非足を運んでみてください。


 ⇒ マホロバ・マインズ三浦ホテルの詳細、ご予約はこちらから♪

城ヶ島ハイキングコースで城ヶ島の素晴らしい自然を満喫


城ヶ島は三浦半島の突端の三崎港の先に
防波堤のように位置している大きな島です。
今回は三崎港の「まるいち」で三崎の地魚を食べたついでに
すぐ目の前に広がる城ヶ島を散策してみることにしました。
三崎港から城ヶ島へ行く方法は、徒歩、バス、船がありますが、
今回は三崎市民ホール入口に乗り場のある
漁船の渡し舟を使ってみました。
片道大人300円と非常にリーズナブルなお値段です。
城ヶ島西側で船を降り、城ヶ島の東西を結ぶハイキングコースを
約90分ほどかけて散策してみます。
この城ヶ島ハイキングコースは、城ヶ島の南岸を横断する
自然がそのまま残る風景が楽しめる絶好のハイキングコースです。
まず最初のスポットは城ヶ島灯台です。
城ヶ島灯台は城ヶ島西端の長津呂崎にある灯台で、
横須賀製鉄所に招かれていたフランス人技師
フランソワ・レオンス・ヴェル二ーにより建立された灯台です。
城ヶ島灯台.JPG
城ヶ島灯台を過ぎると、波の浸食による波食棚の海岸線が現われ、
大きな潮溜りや内海が広がる美しい景色が広がります。
内海は波もなく、磯遊びやシュノーケリングなどにも絶好でしょう。
三浦半島というと海が汚いというイメージがあるでしょうが、
ここ城ヶ島の南岸はとてもきれいな海水浴スポットだと思います。
岸に沿って民宿も建っていますので、夏の海水浴は楽しめそうです。
また、このあたりからは15分1,200円で遊覧船も出ていますが、
外海は波が荒いので、船酔いしやすい人は要注意です。
城ヶ島海岸線.JPG
波食棚の岩場と砂浜が入り混じった赤羽根海岸を歩いていくと、
馬の背洞門という不思議な形をした岩に出会います。
馬の背洞門は別名「メガネ岩」と呼ばれる不思議な形の海食洞門で
まさに自然が作り出した芸術品といえる佇まいです。
城ヶ島馬の背洞門.JPG
馬の背洞門の付近は潮溜りが沢山あって、カニやイソギンチャク、
ヤドカリや小魚などを沢山見ることができますので、
磯遊びには最適なスポットといえるのではないでしょうか。
また、馬の背洞門の脇の階段を上ると、
馬の背洞門周辺の景色を真上から見下ろすことができます。
綺麗な城ヶ島の海と馬の背洞門の奇岩の風景がマッチして
それは見事な光景でしたよ。
城ヶ島馬の背洞門展望台.JPG
赤羽根海岸より城ヶ島東側は、海食崖が発達した断崖絶壁が多く
人間が簡単に近づけない地形のため天然記念物のウミウや、
ヒメウ、クロサギなどの野生の海鳥の繁殖地になっています。
神奈川県の指定天然記念物となっている繁殖地は、
ハイキングコース途中のウミウ展望台から眺めることができます。
また、ハイキング途中の道の脇の繁みのすぐ近くでは
海鳥の鳴く声や歩き回る足音がしたりと海鳥を身近に感じられます。
城ヶ島ウミウ展望台.JPG
ウミウ展望台を抜けると城ヶ島の東端の県立城ヶ島公園に出ます。
県立城ヶ島公園は入園料は無料で、360度の大パノラマが楽しめる
展望台が人気のスポットです。
県立城ヶ島公園.JPG
城ヶ島東端の安房崎には安房崎灯台がそびえ、灯台の周りは
磯遊びに最適な潮溜りや貝殻の砂浜が楽しめる岩礁地帯です。
ただし、灯台から海岸へはかなりの急坂ですし、
海岸も波食棚が発達していて歩きにくいので、
ハイヒールなど踵の高い靴は避けた方がいいでしょう。
城ヶ島安房崎灯台.JPG
このように城ヶ島の南岸は景色も素晴らしい自然豊かな楽園ですが、
太平洋の外海に直接面しているため、海が荒れた場合には
岩場よりも高い波が押し寄せる危険な場所になります。
城ヶ島の岸壁が相当高い位置まで波食棚になっていることが
その自然のすさまじさを物語っているでしょう。
また、遠方で津波が発生すると、波が城ヶ島に近付くにつれ
急激に波の高さを増して襲ってくるということですから、
城ヶ島南岸でキャンプなどをする際は十分に注意してください。
城ヶ島南岸は背後に急峻な崖が迫った逃げ場のない場所である
ということを、キャンプの際は決して忘れないようにしてください。

三崎港の鮮魚店「まるいち」で地魚「だつ」を食す


神奈川県三浦半島の突端、三崎港といえば、
豊富な地魚料理で有名なお食事処です。
特に、鮮魚店に食堂が併設されている「まるいち」は、
最近ではテレビ番組でも放映されることが多く、
三崎港では一番のグルメスポットといってもいいでしょう。
三崎港まるいち.JPG
そこで、三崎港の「まるいち」に三崎の地魚を食べに行ってきました。
三崎港は三浦半島の突端なので、都心からは相当遠いと覚悟しましたが、
新宿から湘南新宿ラインで横浜を経由して京浜急行の三崎口までは
約1時間30分と、電車の乗り継ぎを予め調べて向かえば
さほど遠く感じることはありません。
三崎口駅から三崎港まではバスで約20分ほどで到着です。
三崎港の「まるいち」は鮮魚店と食堂が並んでいますが、
まず、鮮魚店で調理してもらう魚を自分で選んで、
それを食堂で食べるというスタイルが一般的です。
「まるいち」でのお目当ては、三崎港の地魚「だつ」と「赤さば」です。
残念ながら「赤さば」はその日の水揚げがなく食べられませんでしたが、
「だつ」は幸運にもその日に一匹だけ水揚げがあったということで、
当日三崎港で唯一の地魚「だつ」を早速調理してもらうことにしました。
三崎港だつ.JPG
「だつ」以外には、「まるいち」店員さんのお勧めに従って
「えぼだい」と「かます」の刺身を注文しました。
「えぼだい」「かます」というと普通は開きの干物というイメージですが、
それを刺身で食べられるというのはちょっと驚きですね。
三崎港鮮魚.JPG
「まるいち」鮮魚店の隣の食堂のテーブルに出てきたのは、
「だつ」「えぼだい」「かます」の刺身の盛り合わせと、
「だつ」の煮付けです。
「だつ」は一匹でも結構な大きさになるので、半分を刺身、
半分を煮付けに調理してもらうことにしたのです。
「だつ」は小骨が多いので、刺身にする場合は、
薬味と一緒に叩いてもらいます。
三崎港刺し盛.JPG
上の画像の刺身盛り合わせの向かって左端が「だつ」の叩き、
右奥が「かます」の刺身で手前が「えぼだい」の刺身です。
「かます」は歯ごたえのある上品な白身魚という味わいで、
「えぼだい」はしっとりと脂の乗ったやさしい味わいでした。
そして「だつ」の叩きですが、淡白な白身と脂の入り混じった
非常に優しく柔らかい、何ともいえない上品な珍味です。
三崎港だつ煮付け.JPG
そして、刺身を上回る美味しさなのが「だつ」の煮付けです。
白身魚ながらも上品に脂ののった柔らかく淡白な味わいが、
絶妙な煮汁の味付けと相まって正に至福の味わいでした。
この日のお値段は、ご飯と味噌汁付きで約6,500円。
値段もお味も大満足の三崎港の食事でありました。
まるいち干物.JPG
なお、三崎港「まるいち」の食堂は午前11時の開店になります。
鮮魚店はもっと早い時間から開店していますので、
少し速めに行って、食べたい魚を予約しておいた方がいいと思います。
地魚はその日に採れる量も限られていますので、
せっかく遠くから訪れても売り切れだったということも多いのです。
三崎港の地魚を楽しみたいなら、ちょっと早起きして向かいましょう。
ちなみに、「まるいち」店員さんによれば、三崎港お勧めの地魚は
「だつ」「赤さば」のほかに「クロ」という幻の魚がいるそうなのですが、
年に数えるほどしか水揚げがない本当に幻の魚だそうです。
三崎港「まるいち」で幻の地魚「クロ」と出逢えたらラッキーですよ。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。