スポンサードリンク

旧古河庭園で紅葉とともに和洋双方の本格庭園を楽しむ


東京都駒込にある旧古河庭園に紅葉を見に行ってきました。
東京都立の名勝である旧古河庭園へのアクセスは、
距離や徒歩での時間を考えればJR京浜東北線の上中里駅か
東京メトロ南北線の西ヶ原駅下車が最寄駅となりますが、
六義園との園結び割引料金でセットで楽しみたい方は、
JR山手線駒込駅を利用するとよいでしょう。


旧古河庭園は、園北側の小高い丘と園南側の斜面を下った低地
という地形構造からなっている土地を利用して造園されていて、
北側の小高い丘には洋館、斜面には洋風庭園を
南側の低地には日本庭園を配するという和洋折衷構造の庭園です。

旧古河庭園入口.JPG 旧古河庭園入園料・開園時間・休園日.JPG

園内入口を入るとまず目に飛び込んでくるのは、
大谷美術館としても知られる英国式の石造りの洋館です。
洋館と洋風庭園の設計者は、鹿鳴館やニコライ堂を手がけた
英国人建築家のジョサイア・コンドル。

旧古河庭園洋館(大谷美術館).JPG 旧古河庭園旧古河邸本館.JPG

旧古河庭園内の洋館(大谷美術館)は、英国貴族の邸宅を模した
イギリス古典様式の洋館で、外壁に使われている伊豆真鶴産の
新小松石(安山岩)は、雨に濡れると落ち着いた赤色の色調で
美しい雰囲気を醸し出すことでも知られています。
この旧古河邸本館は事前予約をすれば内部を見学できますので、
希望者は下の画像の説明書きを参考に申し込んでみてください。

旧古河庭園イギリス古典様式洋館.JPG 旧古河庭園旧古河邸本館入館予約方法.JPG

旧古河庭園内の洋館から続く斜面には、多くのバラが植えられた
テラス式の洋風庭園イングリッシュガーデンとなっています。
旧古河庭園内洋風庭園のバラは春と秋に見事な大輪の花を咲かせ
洋館の風情と相まって異国情緒を満喫させてくれる事で人気です。
秋篠宮家の長女、眞子様のお印であるモッコウバラ(木香茨)が
石垣をびっしりと覆っていますよ。

旧古河庭園内の洋風庭園イングリッシュガーデン1.JPG 旧古河庭園内の洋風庭園イングリッシュガーデン2.JPG

私が旧古河庭園を訪れたのは12月初旬で都内は紅葉も見頃を迎え
庭園の高台の上から眺める園内の木々は綺麗に色づいていました。

旧古河庭園の紅葉1.JPG 旧古河庭園の紅葉2.JPG

洋風庭園の斜面を下って低地に降りると、そこは一変して
日本情緒と和の雰囲気が漂う日本庭園となっています。
設計者は京都の庭師、植治こと小川知兵衛。

旧古河庭園内の日本庭園1.JPG 旧古河庭園内の日本庭園2.JPG

枯山水を表現する枯滝や、仏塔ストゥーパを模した十五層塔、
濡鷺型灯篭などの石柱がオリエンタルな雰囲気を醸し出します。

旧古河庭園内の枯滝と十五層塔.JPG 旧古河庭園内の十五層塔.JPG

旧古河庭園内の濡鷺型灯篭.JPG 旧古河庭園内の石橋.JPG

園内には滝壺までの落差20mという大滝もあり、
初夏から真夏の季節にはこちらで涼をとるのも一興ですね。

旧古河庭園内の大滝.JPG 旧古河庭園内大滝付近の紅葉.JPG

ひとつの庭園内で和洋双方の本格的な庭園の雰囲気が楽しめる
ちょっと贅沢な庭園が旧古河庭園です。
移ろいゆく季節の美しさを感じに折にふれ訪れてみたい
都心からもアクセスの良い美しい庭園です。

六義園で東京都心の美しい紅葉風景を堪能する


東京都文京区本駒込にある六義園(りくぎえん)は、
江戸時代の名園を今の時代に残す和歌の庭として特別名勝に指定され
その風情を楽しむ多くの人々で賑わいをみせています。
六義園は和歌に詠まれる日本の美しい四季折々の風景を楽しめますが、
今回は紅葉の美しい季節に紅葉狩りに訪れてみました。


六義園の最寄り駅はJR山手線と東京メトロ南北線なら駒込駅、
都営地下鉄三田線なら千石駅下車が便利です。

六義園は、江戸時代の五代将軍・徳川綱吉の信任が厚かった川越藩主
柳沢吉保が1702年(元禄15年)に築園した日本庭園で、
和歌の趣味を基調とする「回遊式築山泉水」の大名庭園です。
明治時代に入り、坂本竜馬の盟友として有名な三菱の創業者
岩崎 弥太郎の別邸となった後に東京市(都)に寄付され、
昭和28年に国の特別名勝に指定された貴重な文化財なのです。

六義は、築園当初は日本風に「むくさのその」と呼ばれていましたが、
現在では漢音読みに習い六義園を「りくぎえん」と読んでいます。

駒込駅方面から六義園へ向かうと、交差点の角に染井門が見えますが
通常は閉門されているとのことです。

六義園の染井門側入口.JPG

この日は紅葉の季節の休日ということで開門されていましたが、
染井門からは入場せず、本郷通りを進んで六義園入口へ向かいます。
こちらが六義園の入口になります。

六義園入口.JPG

六義園内の池は広大で、その周囲には様々な木々が植えられて
起伏に富んだ地形が日本の自然風景の縮図のようでもあります。
池の中にはアーチ形の典型的な洞窟石組による蓬莱島の姿が。

六義園玉藻の磯から眺めた池.JPG 六義園の蓬莱島.JPG

六義園内の滝見茶屋を経由して進んでいくと、
鮮やかに色づいて綺麗に紅葉した木々の姿が目にとまります。
六義園内には様々な種類の多様な植物が植林されているので、
紅葉の季節以外でも訪れる度に季節の移ろいを楽しめるでしょう。

六義園内の紅葉1.JPG 六義園内の紅葉2.JPG

六義園内の紅葉3.JPG 六義園内の紅葉4.JPG

六義園内を進み、吟花亭跡付近の茶屋で一休みしました。
ちょっとした軽食が用意されていて、師走も近いこの日は、
具沢山の豚汁で身も心も暖まることにしたのです。

六義園内茶屋の豚汁1.JPG 六義園内茶屋の豚汁2.JPG

六義園内の標高35mの築山「藤代峠」のその頂は
富士見山と呼ばれ素晴らしい展望が楽しめます。
戦前に多く作られた富士塚の一種かもしれません。

六義園内藤代峠富士見山からの展望1.JPG 六義園内藤代峠富士見山からの展望2.JPG

六義園内の池には季節ごとに数多くの野鳥が訪れ、
訪れる人の心を和ませてくれています。
この日に多く見られたのは、キンクロハジロでしょうか。

六義園内池の野鳥案内.JPG 六義園内池のキンクロハジロ.JPG

六義園内藤代峠の裏手の池の向こう岸には、
明治年間につつじの古木材を用いて建てられたつつじ茶屋が
戦災を免れ当時のままの希少な姿を伝えています。
つつじ茶屋の周辺もモミジの紅葉の名所です。

六義園内つつじ茶屋1.JPG 六義園内つつじ茶屋2.JPG

六義園内つつじ茶屋周辺の紅葉1.JPG 六義園内つつじ茶屋周辺の紅葉2.JPG

つつじ茶屋から染井門方面へ至る池沿いの道と、
対岸の藤代峠沿いの蛛道(ささがにの道)の周辺は、
細長い池が河のようになっていて情緒溢れる景色となり
紅葉シーズンは格別な美しい風情が楽しめますよ。

六義園内蛛道山陰橋からの紅葉1.JPG 六義園内蛛道山陰橋からの紅葉2.JPG

六義園内蛛道山陰橋からの紅葉3.JPG 六義園内蛛道山陰橋からの紅葉4.JPG

藤代峠を囲む池の水路には、2枚の大岩で橋を渡した
渡月橋と呼ばれる石橋があります。
巨大な岩を繋いで作られた六義園内の渡月橋は不安定で、
池への落下を防ぐ意味合いから、片側通行のみ許可され
藤代峠側からしか渡ることができないので注意してください。

六義園内の渡月橋入口.JPG 六義園内の渡月橋.JPG

都心で美しい紅葉を手軽に楽しめる六義園は、
11月下旬から12月上旬にかけてが紅葉シーズンの見頃で
夜間は期間中毎日ライトアップがされ夜間も楽しめます。
また、入園の際に旧古河庭園の入場券も併せて買うと
「園結び」入園料割引キャンペーンが適用されます。
こちらは期間を問わず実施しているようですよ。
旧古河庭園の紅葉の様子は次回掲載いたしますので、
楽しみにしていてくださいね。

大山(神奈川県伊勢原市)大山寺で紅葉狩りを楽しむ


大山寺は神奈川県伊勢原市の丹沢・大山スポットの中で
紅葉の名所としても有名です。
丹沢・大山は紅葉狩りだけでなく、
都心からも気軽にハイキングなどの自然が楽しめる名所で
特に神奈川県にお住まいの方には定番のスポットですよね。
そんな噂を聞きつけて、新宿から小田急線に乗り、
伊勢原駅で下車して大山寺へ紅葉狩りに行ってきました。
大山寺階段上からの紅葉
小田急線では丹沢・大山フリーパスというキップがあり、
大山ケーブルや指定区間内のバスが乗り降り自由の
乗り放題フリーパスですので、丹沢・大山のスポットを
十分満喫したいという方にはお勧めのフリーパスです。
さて、大山寺へは伊勢原駅北口のバス停4番乗り場から
大山ケーブル駅行きのバスに乗って向かいます。
所要時間30分ほどで大山ケーブル駅に到着。
大山寺へはそこから女坂を歩いていくこともできますし、
大山ケーブルカーに乗っていくこともできます。
大山ケーブルカー
大山寺は古くから「大山のお不動さん」として親しまれ、
本尊「不動明王像」は、成田不動、高幡不動と並び、
関東三大不動のひとつに数えられています。
大山寺
大山寺への参道は急な階段となっていますが、
両脇に石像が並び、周囲の紅葉の美しさと相まって、
幻想的な光景を醸し出しています。
大山寺階段脇の紅葉
11月の中旬頃からは紅葉ライトアップが行われますので、
夜は日中とはまた違う幻想的な雰囲気を楽しめますよ。
今回わたしが大山寺を訪れたのは2008年11月30日。
紅葉狩りにはちょっと遅いかなとも思いましたが、
遠目には非常に美しい紅葉の風景でした。
大山寺の階段下からの紅葉
ただ、近くで見ると紅葉の半分近くは萎れていたので、
11月中旬位が紅葉の一番の見頃なのかもしれません。
大山・丹沢は大山寺以外にも様々なスポットがあり、
ハイキングなども気軽に楽しめますので、
季節を問わず楽しめるスポットだと思います。
わたしも大山寺で紅葉狩りのついでに、
ちょっとしたハイキングも楽しんできましたので、
次回以降、その体験談を書いてみたいと思います。

▽▽▽よろしければ応援クリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^o^

都心から行く紅葉・もみじ狩りの名所丹沢・大山はフリーパス活用で


紅葉・もみじ狩りといえば秋の行楽シーズンの楽しみのひとつですね。
都心からも近く気軽に紅葉・もみじ狩りを楽しめ、
また本格ハイキングも楽しめる人気のスポットといえば、
神奈川県の丹沢・大山エリアです。
特に小田急線沿線の方なら丹沢・大山フリーパスもあって便利ですよ。
丹沢・大山フリーパスには、大山ケーブル乗り降り自由のAキップと
大山ケーブル切符の付かないBキップがありますが、
お子様連れで丹沢・大山エリアを楽しみたいなら、
大山ケーブル乗り放題のAキップがいいでしょう。
丹沢・大山フリーパスは小田急沿線の各駅から買えますが、
新宿からならAキップおとな2,140円、
Bキップおとな1,480円、
新百合ヶ丘からならAキップおとな1,820円、Bキップおとな1,410円、
町田からならAキップおとな1,710円、Bキップおとな1,050円、
(往復料金。こども料金はそれぞれ半額程度)となっています。
丹沢・大山で紅葉・もみじ狩りを楽しむのに小田急線利用の場合は、
小田急線の伊勢原駅で下車してバスに乗り大山ケーブルで下車します。
大山ケーブルを利用すれば、約6分ほどで阿夫利神社下社に到着。
天気がよく空気の澄んだ日なら境内から相模湾に浮かぶ江ノ島や
三浦半島を一望するパノラマ景色が楽しめますよ。
阿夫利神社下社拝殿の地下から湧き出る御神水「神泉」は、
殖産・長命延寿の泉として長く愛飲されている名水です。
丹沢・大山を訪れた際は是非、飲んでおきたい名水ですね。
阿夫利神社本社まで行くには下社から約1時間半のハイキング
が必要になります。
丹沢・大山の紅葉の名所といえば大山寺です。
「大山のお不動さん」として古くから親しまれている大山寺は
大山ケーブル「大山寺駅」で下車になります。
11月の中旬頃からは紅葉ライトアップが行われますので、
夜は日中とはまた違う幻想的な雰囲気を楽しめますよ。
紅葉・もみじ狩りを思いっきり楽しんでリフレッシュしたら、
帰りはロマンスカーでゆったり帰るというのもいいですよね。
家族や友人達と行く秋の行楽の紅葉・もみじ狩りとハイキング。
便利でお得な小田急フリーパスを活用してくださいね。

▽▽▽よろしければ応援クリックお願い申し上げます。
人気ブログランキングへ
ありがとうございます^o^
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。