スポンサードリンク

四日市市立博物館の時空街道へ行きタイムトラベルしてきました


四日市市立博物館の常設展のひとつ、時空街道へ行き、
四日市の弥生時代の竪穴式住居、室町時代の四日の市、
江戸時代の四日市宿まで、タイムスリップして
時空空間をタイムトラベルしてきました。

四日市市立博物館は、フロア毎に2階が「四日市公害と環境未来館」、
3階が「時空街道、丹羽文雄記念室、展覧処白里亭」、
5階が「プラネタリウム、コズミックギャラリー、コズミックラウンジ」
という三つの施設で構成されていて、そのうちの3階の時空街道が江戸時代まで、
近世以降は2階の「四日市公害と環境未来館」がそれぞれ常設展示を受け持っています。



四日市市立博物館は、四日市都ホテル裏手の四日市市民公園に隣接する
総ガラス張りのビルで、モダンなアート感覚の外観を誇っています。

四日市市立博物館外観1.JPG 四日市市立博物館外観2.JPG

館内ロビーは5階最上階までの吹き抜けになっており、
開放的な空間を演出しています。

四日市市立博物館ロビー吹き抜けエントランス1.JPG 四日市市立博物館ロビー吹き抜けエントランス2.JPG

ロビー内には四日市のお土産も販売するミュージアムショップの他、
小さな図書館を併設した読書スペースも用意され、ちょっとアカデミックな雰囲気。

四日市市立博物館ロビー図書館読書スペース.JPG 四日市市立博物館エントランスロビー.JPG

3階の時空街道では、まず四日市の原始・古代を知る展示物として、
弥生時代の竪穴式住居などが展示されています。
原始・古代の展示を経て現れるのは、室町時代の四日の市や、
江戸時代の四日市宿の賑わいの様子で、見事に再現されたジオラマや、
今にも動き出しそうな生き生きした様子の人形により、
当時の様子がリアルに再現されています。

四日市市立博物館時空街道の四日市宿1.JPG 四日市市立博物館時空街道の四日市宿2.JPG

四日市市立博物館時空街道の四日市宿3.JPG 四日市市立博物館時空街道の四日市宿4.JPG

また、時空街道の四日市宿の中にある小さな展示室「展覧処 白里亭」では、
学習支援展示や館蔵品の特別陳列を行っており、長い年月の時空を生き延びてきた貴重な古の作品や資料を閲覧することができます。
なお「白里亭」の名は、四日市宿が江戸から九十九里の場所にあった事に
由来しています。

四日市市立博物館の時空街道では、体感型常設展として、
博物館ボランティアが案内人となって来館者を案内する
所要1時間ほどの館内ツアー、時空街道ツアーを開催しています。
(参加費無料・事前申し込み不要)
詳しいスケジュール等は四日市市立博物館のWEBサイト等で確認してください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。