スポンサードリンク

四日市市立博物館のプラネタリウムに行ってきました


三重県四日市市にある四日市市立博物館内のプラネタリウムに行ってきました。
四日市市立博物館は、近鉄四日市駅近くの四日市都ホテルに隣接する
四日市市民公園の中にあります。

四日市市民公園.JPG 四日市市立博物館.JPG



「そらんぽ四日市」ともいわれる四日市市立博物館のプラネタリウム。
きっと、天空の夜空を散歩する気分を味わえるという意味でつけられたネーミングなのでしょう。
正確には、「そらんぽ四日市」とは、かつての公害から取り戻した青空、
博物館常設展の時空街道、プラネタリウムの宇宙の三つの施設を散策して学んでもらう事をイメージした総称だそうです。
それでは、早速、四日市プラネタリウムの入口から入ってみましょう。

入口フロアーは星座の美しく光る夜空をイメージした内装で、
宇宙服を着た乗務員のマネキン人形も展示されています。

四日市プラネタリウムエントランス1.JPG 四日市プラネタリウムエントランス2.JPG

四日市プラネタリウムの場内はすり鉢型の劇場タイプです。

四日市プラネタリウム場内1.JPG 四日市プラネタリウム場内2.JPG

プラネタリウム場内の座席はゆったりと座れるソファータイプで、
手元のディスプレイで個別の操作が可能な最新式の優れもの。

四日市プラネタリウム場内座席.JPG 四日市プラネタリウム場内座席ディスプレイ.JPG

プラネタリウムには四日市市内の高台から眺める夜空の星座が映し出され、
かつての四日市の公害が嘘のような美しい星空が堪能できますよ。
併設されている環境未来館での公害の様子と併せて、
エコスタディーツアーを楽しむことができました。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。