スポンサードリンク

四日市都ホテル(近鉄四日市駅前)に宿泊してきました


三重県四日市市へ行き四日市都ホテルに宿泊してきました。
四日市都ホテルは近鉄四日市駅の北口改札を出て左へ進み
駅前商店街モールを200mほど進んだ道路の向かい側にあります。
近鉄四日市駅から至近距離なのでアクセス抜群のホテルです。

四日市都ホテル外観.JPG 四日市都ホテル入口.JPG

三重県四日市市安島1-3-38

 ⇒ 四日市都ホテルの詳細・ご予約等はこちらから♪

四日市都ホテルの入口を入ると、エントランスロビーは開放的な
高級感溢れる吹き抜けとなっています。
ホテル入口正面にはレストラン「パークサイドカフェ」があり、
ホテル裏側の四日市市民公園の景色を窓辺から楽しみながら
ゆったりと食事やティータイムを楽しむ事ができます。
またバイキング形式の朝食会場もこちらパークサイドカフェです。
ホテルフロントは入口入って左側、パークサイドカフェの筋向いです。

四日市都ホテルロビー.JPG 四日市都ホテルフロント.JPG

それでは四日市都ホテルの客室フロアをご案内いたします。
四日市都ホテル客室フロアはフロントロビーの色彩感と統一性のある
落ち着いたシックな色調でまとめられています。

四日市都ホテルエレベーターホール.JPG 四日市都ホテル客室フロア.JPG

客室ゲストルームドアのキーはカードキータイプではなくて、
オートロックシステムのトラディショナルな錠前タイプを採用。

四日市都ホテル客室ドアキー.JPG 四日市都ホテル客室キー.JPG

それでは、四日市都ホテルの客室ゲストルームをご紹介いたします。
今回宿泊したお部屋のタイプはツインルームになります。
入口を入ると左手にベッドルーム、右手がバスルームで、
正面が冷蔵庫とクローゼットになっています。

四日市都ホテル客室ドア.JPG 四日市都ホテルツインルーム.JPG

バスルームのトイレはウォシュレットタイプのシャワートイレ。
バスタブは広めのワイドタイプなので湯船として浸かるのもOKです。

四日市都ホテル客室バスルーム.JPG 四日市都ホテル客室バスタブ.JPG

ベッドルームにはシングルタイプのソファーチェアが二脚と
小さめのテーブルが一脚用意されています。
デスクは若干長めのワイドタイプでビジネスデスクにもなるので、
出張などのビジネスユースの宿泊ホテルとしても便利です。
何といっても近鉄四日市駅から徒歩3分という駅近ホテルですしね。

四日市都ホテル客室応接セット.JPG 四日市都ホテル客室デスク.JPG

四日市都ホテルの客室のベッドルーム仕様は全室デュベスタイルで
ベッドの上に「羽根布団」がかけてあるベッドメーキングが特徴の
就寝時に身体の動きが楽な超高級ホテル仕様となっています。

四日市都ホテル客室ベッド.JPG

四日市都ホテルの客室ベッドルームからの外の景色の眺めは
四日市市街の先にコンビナートの煙突と遠くに伊勢湾が見渡せます。

四日市都ホテル客室からの景色1.JPG 四日市都ホテル客室からの景色2.JPG

良くも悪くも四日市の代名詞なのがコンビナートであり、
古くは四日市ぜんそくの原因ともなったコンビナートの煙は
今も煙突から上空へ向けて吹き上がっていました。

四日市コンビナートの煙1.JPG 四日市コンビナートの煙2.JPG

四日市都ホテルの裏側は四日市市民公園が広がっていて
公園の周辺には四日市市立博物館、商業施設も兼ねるじばさん三重、
四日市市文化会館が隣接されています。

四日市市民公園.JPG じばさん三重1.JPG

四日市市立博物館.JPG じばさん三重2.JPG

ホテル一階ロビーのレストラン「パークサイドカフェ」は、
宿泊者用のバイキング形式の朝食ビュッフェ会場にもなります。

四日市都ホテル朝食バイキング.JPG 四日市都ホテルパークサイドカフェ客席.JPG

朝の四日市市民公園の散歩の後に公園を眺めながら食べる朝食は
格別なものがありました。
近鉄四日市駅至近距離にある四日市都ホテルは、鉄道以外のアクセスも
東名阪四日市ICより車で15分、中部国際空港(セントレア)から
バス80分で到着と便利な立地にありますので、三重県四日市滞在の
宿泊ホテル候補としてお勧めできるホテルです。
また、近鉄四日市駅の飲食店街や繁華街に近いにもかかわらず、
夜間の客引きの多い方面とは逆方向なので安心して
落ち着いた滞在が楽しめるのも利点のひとつですね。


 ⇒ 四日市都ホテルの詳細・ご予約等はこちらから♪


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。