スポンサードリンク

龍安寺(京都)へ世界文化遺産登録の石庭を見に行ってきました


石庭で有名な京都の世界文化遺産登録寺院・大雲山龍安寺へ
行ってきました。
京都龍安寺への最寄り駅は京福電鉄龍安寺駅になります。


龍安寺入口の山門をくぐり鏡容池のほとりを進んでいきます。

京都龍安寺山門.JPG 京都龍安寺鏡容池.JPG

石の大仏を通り過ぎると、石段の上に庫裡と呼ばれる建物があり
この中へ靴を脱いで上がると、有名な石庭を見ることができます。

京都龍安寺石の大仏.JPG

庫裡は禅宗寺院建築の建物で、内部は白壁と木組みが調和した
禅宗らしい静寂の構成美を漂わせています。

京都龍安寺庫裡内部の屏風.JPG 京都龍安寺庫裡内部の仏像.JPG

京都龍安寺庫裡内部の広間1.JPG 京都龍安寺庫裡内部の広間2.JPG

庫裡の縁側からは龍安寺の象徴ともいえる石庭を眺めることができます。
京都龍安寺の石庭は東西25m、南北10mの空間に白砂を敷き詰め、
15個の石を配した、究極に抽象化された空間構成となっていて、
この石庭の意味は見る者の自由な解釈に委ねられていると言われています。
私の場合は芸術的素養が乏しいので、白砂の文様などこの状態を保つのに
維持管理はどうしているのだろうという現実的な思いしか浮かんできません。

京都龍安寺の石庭1.JPG 京都龍安寺の石庭2.JPG

京都龍安寺の石庭3.JPG 京都龍安寺の石庭4.JPG

京都龍安寺の石庭を取り囲む塀の屋根を良く観察してみると、
薄い木片を張り合わせて微妙な曲線を描く瓦状の加工がしてある事に気付きました。
こういった細やかな技法こそが日本が誇る伝統的建築技術の手法の粋で、
今は失われつつある匠の技なのでしょう。

京都龍安寺石庭を囲む塀の屋根1.JPG 京都龍安寺石庭を囲む塀の屋根2.JPG

京都龍安寺石庭を囲む塀の屋根3.JPG 京都龍安寺石庭を囲む塀の屋根4.JPG

龍安寺石庭の外側を塀に沿って暫く進み左に折れると、
境内の敷地内に龍安寺名物の湯豆腐が食べられるお料理処
西源院があります。
とても美味しい湯豆腐ですので、龍安寺見物の際は、
是非こちら西源院の湯豆腐もご賞味あれ。

 ⇒ 京都龍安寺名物の七草湯豆腐を西源院で食べてみた♪


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。