スポンサードリンク

葛西臨海水族園(葛西臨海公園)へマグロの回遊を見に行ってきました


大型水槽内を回遊するマグロの群れを見に、葛西臨海公園にある
葛西臨海水族園へ行ってきました。
葛西臨海水族園のある葛西臨海公園は、東京のウォータフロント
江戸川区の臨海町という埋立地に整備された公園です。


葛西臨海公園への最寄り駅はJR京葉線「葛西臨海公園」駅です。
駅前の広場には水しぶきを上げる噴水の向こう側に大きな観覧車が。
噴水には降り注ぐ太陽光を受けて綺麗な虹がかかっていました。

葛西臨海公園駅前広場.JPG 葛西臨海公園駅前広場噴水に架かる虹.JPG

葛西臨海水族園へは葛西臨海公園入口のゲートを進んで行き、
展望広場に建つクリスタルビューへの入口手前を左折します。
葛西臨海水族園の入口には水の流れる人口の滝があり、
「TOKYO SEALIFE PARK」の文字が出迎えてくれます。
葛西臨海水族館ではなく葛西臨海水族園という名前なのは、
「TOKYO SEALIFE PARK」という英語名にも反映されていますね。

葛西臨海公園入口ゲート.JPG 葛西臨海水族園TOKYO SEALIFE PARK.JPG

葛西臨海水族園への入口はそこから更に進んだ場所にあり、
入場ゲートをくぐると半円形のドーム型の水族館建物が現われます。
水族館周囲の景色もまさにウォーターフロントという感じです。

葛西臨海水族園水族館建物.JPG 葛西臨海水族園周辺の景色.JPG

ドーム型水族館建物の入口を入りエスカレーターを降りると
「大洋の航海者」というコーナーに鮫が泳ぐ大型水槽があります。
頭部がハンマー型のシュモクザメを始めとする大型のサメが
数多く回遊する様は圧巻であります。

葛西臨海水族園シュモクザメ.JPG 葛西臨海水族園の鮫.JPG

鮫の水槽から階段を下りると同じく「大洋の航海者」として
葛西臨海水族園の最大の売り物・見所とも言われている
マグロの群れが回遊する巨大なドーム型水槽があります。
確かに大型のマグロの群れが回遊する様はまさに圧巻の光景で
他の水族館ではあまり見られない貴重な眺めではあるのですが、
水槽内の水質が濁り気味で透明度が低いのがちょっと残念です。

葛西臨海水族園のマグロの群れ.JPG 葛西臨海水族園の水槽内を泳ぐマグロ.JPG

中型〜小型水槽の個別展示では、他の一般的水族館と同様、
世界各地の地域別の海の様子を再現した展示となっています。
葛西臨海水族園では南洋の暖かい熱帯地方の展示が充実している
という特徴があると感じました。
熱帯の色とりどりの魚が泳ぐ水槽は見た目も綺麗で楽しい上に
同じ熱帯の海でも地域毎に泳ぐ魚の種類が微妙に異なることを
実際に比較して見られるので非常に興味深かったです。

葛西臨海水族園の熱帯海水魚1.JPG 葛西臨海水族園の熱帯海水魚2.JPG

下の右側の巨大なハタ科の魚は見物する人間を威嚇するかのように
周囲を睥睨しながら水槽内を迫力満点に泳ぎ回っているので
子供たちにも大人気で皆、夢中でシャッターをきっていました。

葛西臨海水族園の熱帯海水魚3.JPG 葛西臨海水族園の巨大なハタ科の魚.JPG

そしてこちらの小さな海水魚はオレンジ色でとても愛らしく
見る者の心をなごませてくれるユーモラスな姿で泳いでいます。

葛西臨海水族園の熱帯海水魚4.JPG 葛西臨海水族園の熱帯海水魚5.JPG

こちらのカワハギの仲間ホースシューレザージャッケットという魚は
身体の模様がまるで印象派の画家がペイントしたような色合いです。

葛西臨海水族園のホースシューレザージャッケット1.JPG 葛西臨海水族園のホースシューレザージャッケット2.JPG

砂に潜って頭だけ顔を覗かせているのはカリフォルニア沿岸に棲む
ファインスポッテッドジョーフィッシュという魚です。
見る角度によってはカエルのようにも見えるユーモラスな姿ですね。

葛西臨海水族園のファインスポッテッドジョーフィッシュ1.JPG 葛西臨海水族園のファインスポッテッドジョーフィッシュ2.JPG

そしてこちらは世界初公開!何と透明な血液を持つ魚という珍種で
オセレイテッド・アイスフィッシュ(ジャノメコオリウオ)という魚です。
コオリウオは脊椎動物の中で唯一、血色素ヘモグロビンを持たないため、
血液が無色透明なのですが、何故そうなのかは不明という謎の魚です。

葛西臨海水族園のオセレイテッド・アイスフィッシュ(ジャノメコオリウオ).JPG

この毒々しい色合いの模様でふてぶてしい姿で寝そべっているのは、
世界最大のゴンベの仲間ジャイアントホークフィッシュです。
カメラで撮影しようとすると、撮影者のいる方向へ眼球だけを動かし、
「何見てんだよ〜見てんじゃねぇよ」とばかりにガンを飛ばしてくる、
非常に人相の悪い魚であります。
実際、捕獲の際に暴れて網を破くほどの暴れん坊な魚だそうです。

葛西臨海水族園のジャイアントホークフィッシュ2.JPG 葛西臨海水族園のジャイアントホークフィッシュ1.JPG

屋外は海岸沿いや潮溜りを再現し、海の生物に触れることができる
「渚の生物」というコーナーとペンギンが泳ぐプールがあります。
沢山のペンギンが泳ぐプールを真上から見下ろすことができるのも
葛西臨海水族園ならではの特徴といえますね。

葛西臨海水族園のペンギン1.JPG 葛西臨海水族園のペンギン2.JPG

葛西臨海水族園はイルカ・クジラ・オットセイ・アザラシ・アシカ・
セイウチなど海の哺乳類や海獣類の展示がなくコンパクトな展示ですが
入園料も大型水族館の半額ほどと安く手頃な値段で入場できて
熱帯魚類の展示は非常に充実していますので、小さなお子様連れなど
色の綺麗な南洋の魚を見て楽しむ方にはお勧めの水族館だといえます。
カラフルな熱帯の海水魚の姿を見て癒されたい方は、
是非、葛西臨海水族園に足を運んでみてください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。