スポンサードリンク

JR広尾線の北海道帯広市愛国駅と幸福駅を訪れる


北海道帯広市幸福町にある幸福駅はJR広尾線の駅ですが
JR広尾線の廃線により廃駅となり、
現在は観光地として整備されその姿を留めています。
幸福駅入口ゲート.JPG

JR広尾線の幸福駅は単式ホーム1面1線の棒線駅の構造です。
幸福駅廃止後も待合室・ホーム・レール共々が保存されていて
駅前は観光バスも駐車可能なアスファルト舗装の駐車場完備。
幸福駅待合室.JPG

幸福駅の待合室には、まだ幸福駅が現役当時と同様に
来場者の名刺や定期券などがびっしりと貼り付けられていて、
駅ホームに面したレール上にはオレンジ色キハ22の車両が
現役時代の姿のまま静態保存されていました。
幸福駅ホームのキハ22.JPG

JR広尾線には、幸福駅隣駅の大正駅を始めとして
愛国駅など縁起の良い名を持つ駅が点在していたことから、
幸福駅を起点としたこれらの駅間のキップが
縁起物として人気を博し観光名所になったそうです。
例えば「大正駅 - 幸福駅」間の切符は「たいそう幸福」とか、
「愛国駅−幸福駅」間の切符は「愛国から幸福ゆき」として
「愛の国から幸福へ」という歌にも歌われたほどです(歌:芹洋子)。
「愛国駅−幸福駅」間の切符は、愛国駅周辺の土産物屋で
レプリカの記念切符が今も販売されています。
愛国から幸福行き切符 記念モニュメント.JPG

幸福駅という名前にちなんだイベントも行われており、
帯広市の商工観光部観光課による「幸福駅ハッピーセレモニー」という
結婚式風のイベントが、夏季を中心に行われています。
幸福駅の幸福の鐘.JPG

愛国駅は北海道帯広市愛国町にあるJR広尾線の駅で、
「愛国青年団」という名の団体(開拓団)が駅名・地名の由来です。
愛国駅ホーム掲示板.JPG

現在の愛国駅の駅舎は改修され、交通記念館となっており、
館内には当時使用していた切符、パネルなどが展示されています。
また駅ホーム沿いの線路には、国鉄9600形蒸気機関車の19671号機が
現役時代と変わらぬ姿のまま静態保存されていました。
愛国駅ホームの蒸気機関車19671号機.JPG

なお、幸福という名前の駅は、熊本県球磨郡あさぎり町の
くまがわ鉄道湯前線「おかどめ幸福駅」もあります。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。