スポンサードリンク

県立あいかわ公園から服部牧場を散策して動物と触れ合う


宮ヶ瀬ダム下から石小屋ダム方面へ歩いていくと、
四季折々の風景が楽しめる県立あいかわ公園へ出ます。
県立あいかわ公園は宮ケ瀬ダム直下から左岸に広がる公園で
ツツジで有名な「花の斜面」や宮ヶ瀬ダムの眺望が素晴らしい
「風の丘」のほかに、「冒険広場」、「冒険の森」、
「ふわふわドーム」など子どもが楽しめる施設も充実しており、
お子様連れでアウトドアを楽しむのにもってこいの自然公園です。
県立あいかわ公園へは、宮ヶ瀬ダム下からのルート以外に
ダムの対岸から山の神〜風の丘を通って行くルートもあります。
あいかわ公園パークセンター前の噴水.JPG
県立あいかわ公園のパークセンター内には、水車で動く
古い撚(より)糸機なども展示されています。
また公園内の工芸工房村には愛川町の特産品も売られていて、
豆腐が50%も含まれている「とうふドーナツ」を買ってみました。
ふわふわとしてクリーミーで美味しいドーナツですよ。
愛川町とうふドーナツ1.JPG
愛川町とうふドーナツ2.JPG
県立あいかわ公園を抜けた少し歩くと、
酪農教育ファーム認証牧場の服部牧場があります。
服部牧場入口の看板.JPG
服部牧場にはホルスタイン・ジャージー種の100頭近くの乳牛や
羊、馬、豚、ウサギ等の家畜類が飼育されていて、
これらの動物を自由に見学することができます。
服部牧場内の馬.JPG
畜舎の中にも自由に出入りできますので、
飼育されている大きな牛なども間近でみることができます。
テレビで有名になった頭にハート型の白い模様のある牛も
間近で見ることができました。
服部牧場内のアイス工房カサリンガでは、
絞りたての牛乳で作られたソフトクリームやジェラート、
服部ジャージーMILKなどの乳製品を味わうこともできます。
県立あいかわ公園に行ったら服部牧場まで足を伸ばせば
動物好きの子供さんはきっと大喜びすると思いますよ。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。